2019年3月13日水曜日

3/14(木)~21日(木祝)「3D木偶展~伝統の技を未来へ~」

阿波人形浄瑠璃魅力発信事業
3 D木偶展~伝統の技を未来へ~

 

人形浄瑠璃で使用される人形は木偶(木偶人形)と呼ばれ、徳島では江戸時代から木偶づくりが行われてきました。

 特に明治以降は、天狗久などの優れた人形師(木偶を制作する職人)が現れ、路上で人形浄瑠璃を披露する箱廻し芸人が全国を巡業し、木偶を運び伝えたことで、県外にも広がり、今も各地に残る人形芝居では徳島で作られた木偶が使われています。

 この度、徳島の木偶づくりの伝統と、
卓越した木偶制作の技術を未来に継承するため、3D デジタルデータを活用した取り組みを紹介する「3 D 木偶展~ 伝統の技を未来へ~」を次のとおり開催いたします。

1 「3D木偶展~伝統の技を未来へ~」
    開催期間/平成31年3月14日(木)~21日(木・祝)
    会   場/徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
  入館料    /一般410円、高・大学生300円、小・中学生200円


2 展示内容
 (1)3Dプリント木偶
     3Dプリンタで出力した木偶(お弓、おつる、えびす)を展示。
     3Dプリンターによる出力の実演も行います。

  (2)Web3D
        モニターやスマートフォンで、木偶の 3D画像をあらゆる角度からご覧いただけます。

 (3)3Dクリスタル人形
   レーザー光線でガラス内部に木偶を彫刻したものです。

  (4)阿波木偶
   Mini3D木偶のモデルになった天狗久作の阿波木偶を展示。

3 特典等
3 Dデータを活用した製作した「Mini 3D木偶」を、
来場者アンケートにお答えいただいた方先着1 0名様、
とくしまマラソン2019出走者先着10名様( 3/16~19)にプレゼントいたします。

主催/徳島県(TEL088-621-2249)
            徳島県立阿波十郎兵衛屋敷(TEL088-665-2202)

協力/徳島大学地域創生センター
 

TOP