2016年12月4日日曜日

友和嘉会20周年浄瑠璃公演大盛況でした

竹本友和嘉さんが主宰する友和嘉会が20周年を迎え、
本日阿波十郎兵衛屋敷において「友和嘉会二十周年浄瑠璃公演」が行われました。
 
人形浄瑠璃の公演での出演をはじめ、同会に所属する太夫さんたちが友和嘉さんとともに、情感たっぷりに語り音楽「浄瑠璃」を聞かせてくださいました!
 
今日の公演を楽しみに来られたみなさんで、立見がでるほどの満員でした↓

そして、以前から友和嘉さんと交流がある元・宝塚歌劇団星組トップスター瀬戸内美八さんをゲストにお迎えし、太夫として「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」を語られたほか、
 
 
 出演後にはトークもあり、会場は大盛り上がりでした。
ちなみにトークの時の袴は宝塚のものだそうです。
 

友和嘉会のみなさんのますますのご活躍を、お祈りしております!!

2016年12月1日木曜日

年末年始(12/31~1/3)休館のお知らせ

阿波十郎兵衛屋敷では下記の期間は休館となります。
何卒ご了承ください。

平成28年12月31日(土)~平成29年1月3日(火)

2016年11月27日日曜日

大迫力の備中神楽

今年三月にハワイで行われた日本の伝統文化フェスの出演をきっかけに親睦を深めた、
徳島・人形浄瑠璃あわ工芸座と岡山・備中神楽 倉敷社中。
 
互いの地域に残る伝統芸能の魅力を伝えたいと
26日に阿波十郎兵衛屋敷において両団体による公演が行われました。
 
14:00からはあわ工芸座「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」を上演し、またあわ工芸座 後藤座長が太夫として出演しました。
 
そして15:00からは備中神楽 倉敷社中の公演です。
徳島初公演ということもあり、この日を楽しみにお越しいただいた方でお席がいっぱいでした。
 
①大黒さんで親しまれる「大黒主の命の舞」から始まり

大黒さんから「福の種」を観客のみなさんへと。
福の種(チョコレート)をもらった子どもさんは大喜びでした。


②続いてえびすさんこと「事代主の命の舞」。

 
 
③最後に「素戔嗚の命の大蛇退治の舞」の三演目を上演しました。


激しく舞台を駆け巡り動二匹の大蛇。
見た目の大きさもさることながら、繰り出される動きの激しさと熱演。
あまりの迫力に会場からは、歓声があがります。
 
 
 
あっという間の約50分の公演に、会場は大きな拍手に包まれました。
 
来年の5月には岡山県にて、あわ工芸座&備中神楽 倉敷社中の公演が行われるそうなので
是非ご覧ください。
 
 
 
 

2016年11月25日金曜日

明日26日は備中神楽&人形浄瑠璃

明日27日15:00からは、
岡山の郷土芸能「備中神楽」の公演が阿波十郎兵衛屋敷でございます!
備中神楽 倉敷社中のみなさんは、初めて徳島で公演を行います。


また、14:00の阿波人形浄瑠璃公演(出演/あわ工芸座、友輔会)とあわせてお楽しみください。

徳島×岡山の芸能をご覧いただける機会ですので、是非お誘い合わせのうえご来館ください。

2016年11月23日水曜日

12月4日(日)「友和嘉会二十周年浄瑠璃公演」


 友和嘉会二十周年浄瑠璃公演
 

 徳島最大の語りの部屋であり、県内外へと語り音楽「浄瑠璃」の魅力を伝えるため精力的に活動うを続けている「友和嘉会」。平成9年の発足から今年で20周年を迎え、友和嘉会を主宰する竹本友和嘉師匠と、師匠の指導のもと日々鍛錬を続ける太夫が出演し、様々な演目を披露します。

 また、以前から友和嘉師匠と親交がある徳島市出身・元星組トップスター瀬戸内美八さんをゲストにお迎えし、「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」では太夫として語るほか、「故郷のじょうるり」と題したお話しをしていただきます。

・日 時  平成28年12月4日(日)10:45~15:35
 
 
・場所  徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

      (徳島市川内町宮島本浦184)
 
・入館料 一般410円、高・大学生300円、小・中学生200円


・プログラム(演目、出演太夫)
 
10:45開演ご挨拶
 
 
 
11:00「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
    大橋后代、人形/勝浦座
 
11:35「壺坂観音霊験記 山の段」
    佐々木なるみ
 
12:05「絵本太功記 尼ケ崎の段」
    藤井登美昇
 

★13:10「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
    「故郷のじょうるり」
     ゲスト/瀬戸内美八
 
14:00「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
    藤原若水、人形/勝浦座
 
14:35「生写朝顔話 宿屋から大井川まで」
    舩橋美和
 
15:05「伽羅先代萩 政岡忠義の段」
    吉本藍玉
 
三味線・・・竹本友和嘉
 
 
15:35終演
 
主催/友和嘉会、徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
 
     
 
 

 
 

2016年11月18日金曜日

金刀比羅まつりと阿波路会

11月12日・13日と阿波十郎兵衛屋敷の近くにある金刀比羅神社で秋祭りが開催されました。
昔からこんぴらさんとして親しまれている神社です。


初日には、子どもたちがひくお神輿とともに、
今年は人形座も一緒にお練りに参加し、三番叟やえびすといった神様の人形から、十郎兵衛屋敷らしく「傾城阿波の鳴門」に登場する人形が登場し、参道を賑やかに彩りました。



 
 

 また、13日には、五穀豊穣・天下泰平を願い勝浦座による「式三番叟」を奉納しました。
厳かな雰囲気の中にも、地元の子どもたちやご家族が集まり、地元のあたたかさが伝わってきます。


同日15:30、徳島の太夫 竹本友和嘉さんと、淡路の三味線奏者が結成した「阿波路会」の公演もあり、「仮名手本忠臣蔵四段目 塩谷判官切腹の段」を上演しました。

上演前には、吉田一紀先生による演目の解説も行いました。
 
緊迫した場面のため、上演中の途中入退場を禁止する同演目。
 
阿波路会のお二人とも、お父様が生前に浄瑠璃をしており、この日は
友勇さんのお父様の着物と、友和嘉さんのお父様の見台を使われていました。
 
その背中を押してくれているかのような、とても素晴らしい公演でした。
 
 

2016年11月17日木曜日

12月10日(土)・11日(日)阿波人形浄瑠璃の可能性


18回徳島県民文化祭分野別フェスティバル

「阿波人形浄瑠璃の可能性」

 


 

将来を担う若い世代である学校民芸部・クラブなどの活躍場の広げるとともに、人形芝居の新しい可能性を探ることを目的に、「阿波人形浄瑠璃の可能性」を開催します。

 指導者から技術と伝統を受け継ぎ、日々鍛錬に励む小学校生から大学生までの後継者団体(9団体)が出演し、徳島の定番である「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」をはじめ、夫婦愛を描いた「壺坂観音霊験記」、小学校低学年が人形を操る「太郎と花子のわらべ歌あそび」を上演するほか、一人遣いの人形芝居である箱まわしジュニアチームは、初めて阿波十郎兵衛屋敷の舞台に立ちます。

また、ゲストには人形劇が持つ視覚的な魅力に着目し、新しい表現の可能性に挑戦し続ける「デフ・パペットシアター・ひとみ」をお迎えします。
名前のDEAF(聞こえない)が示すように、結成当初から、ろう者と聴者が協同して公演活動をしている世界でたった一つのプロの人形劇団です。 
    
本公演では、昔からの語り物の調子にのせて、ふすまカラクリをお芝居の演出に巧みに活用したり、たくさんの楽器を使った生演奏や手話を織りまぜた賑やかな「一寸法師」を上演します。ふすまカラクリを備えた農村舞台の公演はもとより、徳島の人形浄瑠璃の発展に役立つ大きなヒントになるものと考えています。

また、10日(土)13:00からは竹本友代さん鶴澤友丸さんによる素浄瑠璃「恋女房染分手綱 重の井子別れの段」も必聴です。


・会  場   徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

・日  時   平成281210日(土)・11日(日)

        両日とも945

・入館料    一般410円、高・大学生300円、小・中学生200

・ゲスト    デフ・パペットシアター・ひとみ

        「一寸法師」

・スケジュール
●12月10日(土)
 9:45~9:50 (素浄瑠璃)寿式三番叟
         太 夫/竹本友幸
             平成座ジュニアクラブ
             川内北小学校人形浄瑠璃クラブ
         三味線/鶴澤友音
             鶴澤友春
             (太鼓)吉田サチコ
 
 9:55~10:15 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
         太 夫/平成座ジュニアクラブ・松井仁美
             川内北小学校人形浄瑠璃クラブ
         三味線/鶴澤友春
         人 形/川内北小学校人形浄瑠璃クラブ
 
 10:30~10:50 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
         太 夫/佐藤美優、鈴江樹音
         三味線/田村卓也
         人 形/城北高等学校民芸部
 
 11:00~11:30 (定期)傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
         太 夫/宮崎照美
         三味線/鶴澤友丸
         人 形/阿波十郎兵衛座
 
 11:45~12:00 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
         太 夫/宮崎照美。尾崎鈴音
         三味線/鶴澤友丸
         人 形/川内中学校民芸部
 
 13:00~13:30 (素浄瑠璃)恋女房染分手綱 重の井子別れの段
         太 夫/竹本友代
         三味線/鶴澤友丸
         
 14:00~14:30 (定期)傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
         太 夫/久次米三枝子
         三味線/鶴澤友丸
         人 形/阿波十郎兵衛座
 
 14:45~15:10 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
         太夫/吉永享香
         三味線/竹本友和嘉
         人形/勝浦町こども阿波人形芝居教室
 
●12月11日(日)
 9:45~10:45 壺坂観音霊験記 沢市内の段
            太夫/合田宗秀
            三味線/竹本友和嘉
            人形/小松島高等学校勝浦校民芸部
    
            壺坂観音霊験記 山の段
            太夫/前原璃月
            三味線/竹本友和嘉
            人形/小松島高等学校勝浦校民芸部
 
 11:00~11:30  (定期)傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
            太夫/新居千明
            三味線/豊澤町若
            人形/名月座

 11:40~11:55  太郎と花子のわらべ歌あそび
            ・笹木美芳
            人形/石井小学校学童保育人形じょうるりくらぶ

 12:05~12:25  三番叟まわし・えびすまわし・大黒まわし・福まわし
            人形/箱まわしジュニアチーム(三好中学校・三加茂中学校)

 13:00~13:40  傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
            太夫/新居千明
            三味線/豊澤町若
            人形/徳島文理大学人形浄瑠璃部

 14:00~14:30  (定期)傾城阿波の鳴門 順礼歌の段
            太夫/連記佳月
            三味線/豊澤町若
            人形/名月座

 15:00~15:50  ★特別公演「一寸法師」
             ゲスト/デフ・パペットシアター・ひとみ


          
 
         
 

・主  催   公益財団法人阿波人形浄瑠璃振興会、徳島県立阿波十郎兵衛屋敷