2017年4月27日木曜日

4月29日(土祝)16:00「竹本友和嘉-とくしま芸術文化奨励賞受賞記念公演」

竹本友和嘉-とくしま芸術文化奨励賞受賞記念公演
 

 
 

 義太夫語りで友和嘉会主宰の竹本友和嘉さんが徳島県における芸術文化の振興に貢献し、将来において一層の活躍が期待される個人に贈られる「とくしま芸術文化振興奨励賞」を受賞しました。

 これを記念して、受賞記念公演を開催します。

・日 時  平成29429日(土・祝)16001700

・入館料  一般410円、高・大300円、小・中200

・内 容  壺坂観音霊験記
 
・会 場  徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

 

5月13日(土)13:00「阿波じょうるり鑑賞会(5月)」


阿波じょうるり鑑賞会
「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段」

 


●阿波じょうるり鑑賞会
「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段」

 太夫の語りと太棹三味線の伴奏で、登場人物の台詞や感情、情景などを表現する日本の語り音楽「浄瑠璃」。そして、徳島では、この浄瑠璃の魅力を今日も伝えている個人や太夫部屋が多く活動しています。

この鑑賞会では、毎月1回、(公財)阿波人形浄瑠璃振興会に所属する太夫・三味線が出演し、江戸情緒が残る母屋(和室)で、浄瑠璃をじっくりと聴いていただけます。

5月の鑑賞会は、城北会(太夫/宮崎照美、三味線/鶴澤友丸)が出演し、「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段」を披露します。

・日 時  平成29513日(土)13001330

・入館料  一般410円、高・大300円、小・中200

・外 題  「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段」

 

 

2017年4月26日水曜日

5月21日(日)13:00解説・体験「はじめての人形浄瑠璃」


「はじめての人形浄瑠璃」
 


 
●はじめての人形浄瑠璃

初心者に人形浄瑠璃に興味をもってもらうため、講師の竹本友和嘉さんによる実演を交えた太夫の語りや三味線についての解説や、太夫体験もできます。子どもから大人の方までどなたでもご参加いただけます。理解を深めて人形浄瑠璃の鑑賞もぜひ併せてお楽しみください。

・日 時  平成29521日(日)13001430

・入館料  一般410円、高・大300円、小・中200

・内 容  1300~実演を交えた太夫と三味線の解説、太夫体験

      1400~阿波人形浄瑠璃鑑賞「傾城阿波の鳴門」

2017年4月23日日曜日

【農村舞台情報】5月28日(日)第14回拝宮農村舞台

第14回 拝宮農村舞台公演 杜のレストラン

第14回 拝宮農村舞台公演 杜のレストラン

営業時間 平成29年5月28日(日)      
                   11:00~15:00      
                   雨天決行,入場無料

会場   拝宮農村舞台(白人神社)

                那賀郡那賀町拝宮字白人谷1 白人神社境内

常に新しいスタイルのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を
与え続けてきた山下洋輔さん。ジャズ・アーティストはもとより、
和太鼓やシンフォニー・オーケストラとも共演するなど、国内のみならず
世界各国で演奏活動を展開されている山下さん。
その縦横無尽の音楽が、水と緑に囲まれ、神聖な空気の流れる人形芝居の
野外舞台に流れます。
もちろん人形浄瑠璃もあります。
杜のレストランもあります\(^o^)/
那賀町の特産品を使ったお食事やデザートと共に、ゆったりとしたひとときを
お過ごしください。最後は眉月連と阿波踊り!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
お問い合わせ
阿波農村舞台の会・阿波十郎兵衛屋敷
TEL 088-665-2202
那賀町役場上那賀支所地域振興室
TEL 0884-66-0111

2017年4月22日土曜日

【農村舞台情報】4月30日(日)第8回八面神社農村舞台公演

第8回八面(やつら)神社農村舞台公演

第8回八面神社農村舞台公演
・日時/平成29年4月30日(日)13:00開演(12時開場)
・入場無料
・場所/那賀町西納字かくれごや75(八面神社境内八面神社農村舞台)

【お問い合わせ先】
那賀町農村舞台再生協議会[那賀町教育委員会] 
TEL.0884-62-1106

【農村舞台情報】4・10月「第8回夜間公演祖谷襖からくり」」

第8回夜間公演祖谷襖からくり



徳善阿弥陀堂横広場
日にち/平成29年4月29日(土・祝)・10月21日(土)
・開演時間/20:00~
・終演時間/21:45頃


後山農村舞台
・日にち/平成29年5月27日(土)・10月14日(土)
・開演時間/20:00~
・終演時間/21:45頃

日本最大秘境の「祖谷」に伝わる伝統芸能のひとつ。一列に並べた襖絵を引いたり縦や横に回転させたりすることで、次々に違う情景を作り出します。
体験コーナーや祖谷の民謡・民舞、最後には勘緑氏による人形浄瑠璃公演も楽しめます。

☆無料送迎バス
19:00三好市市役所本庁、19:30道の駅大歩危 ⇔ 会場 往復
定員25名(先着順)/FAXまたはお電話で、三好市観光協会へお申し込みください。

【お問い合わせ先】
一般社団法人三好市観光協会事務局
(TEL.0883‐76‐08777  FAX0883-76-0876)

2017年4月16日日曜日

はじめての人形浄瑠璃

もっと人形浄瑠璃に、そして太夫・三味線による音楽「義太夫節」をはじめての方でも楽しんでいただきたいと、竹本友和嘉さんを講師にお迎えし、解説・体験ができる「はじめての人形浄瑠璃」を開催しました。


本日は、小学生低学年・中学生のこどもさんがほとんどで
幼稚園~90代の方まで、幅広い年代の方がご参加くださいました!

三味線の役割についての解説や、「傾城阿波の鳴門」をみんなで一緒に語る太夫体験をした後に、14:00からの阿波人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」(太夫三味線/友和嘉会、人形/大谷旭源之丞座)を鑑賞。

初めてみる阿波人形浄瑠璃。話を聞いて、体験して、鑑賞して。と
公演後に子どもたちに感想を聞くと、みんなが「面白かった―!」と笑顔で答えてくれたとともに、人形にも触りたい!と言いだし、急遽人形体験もさせていただきました。

 

次は、5月21日(日)を予定をしていますので、ご興味のあるかたは一緒に楽しみましょう!