2019年3月13日水曜日

3/14(木)~21日(木祝)「3D木偶展~伝統の技を未来へ~」

阿波人形浄瑠璃魅力発信事業
3 D木偶展~伝統の技を未来へ~

 

人形浄瑠璃で使用される人形は木偶(木偶人形)と呼ばれ、徳島では江戸時代から木偶づくりが行われてきました。

 特に明治以降は、天狗久などの優れた人形師(木偶を制作する職人)が現れ、路上で人形浄瑠璃を披露する箱廻し芸人が全国を巡業し、木偶を運び伝えたことで、県外にも広がり、今も各地に残る人形芝居では徳島で作られた木偶が使われています。

 この度、徳島の木偶づくりの伝統と、
卓越した木偶制作の技術を未来に継承するため、3D デジタルデータを活用した取り組みを紹介する「3 D 木偶展~ 伝統の技を未来へ~」を次のとおり開催いたします。

1 「3D木偶展~伝統の技を未来へ~」
    開催期間/平成31年3月14日(木)~21日(木・祝)
    会   場/徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
  入館料    /一般410円、高・大学生300円、小・中学生200円


2 展示内容
 (1)3Dプリント木偶
     3Dプリンタで出力した木偶(お弓、おつる、えびす)を展示。
     3Dプリンターによる出力の実演も行います。

  (2)Web3D
        モニターやスマートフォンで、木偶の 3D画像をあらゆる角度からご覧いただけます。

 (3)3Dクリスタル人形
   レーザー光線でガラス内部に木偶を彫刻したものです。

  (4)阿波木偶
   Mini3D木偶のモデルになった天狗久作の阿波木偶を展示。

3 特典等
3 Dデータを活用した製作した「Mini 3D木偶」を、
来場者アンケートにお答えいただいた方先着1 0名様、
とくしまマラソン2019出走者先着10名様( 3/16~19)にプレゼントいたします。

主催/徳島県(TEL088-621-2249)
            徳島県立阿波十郎兵衛屋敷(TEL088-665-2202)

協力/徳島大学地域創生センター

2019年3月12日火曜日

3/24(日)14:45初上演!特別公演「傾城恋飛脚 新口村の段」


阿波十郎兵衛屋敷 初上演

傾城飛脚 新口村


 

町人社会の義理や人情をテーマにした「世話物浄瑠璃」は、繊細で美しい表現により、日常生活の人間模様を描き出します。

この度、世話物浄瑠璃の名作「傾城恋飛脚 新口村の段(けいせいこいびきゃく にのくちむらのだん)」を、太夫、三味線、人形が揃って十郎兵衛屋敷で初上演します。

この物語は、近松門左衛門の『冥土の飛脚』を改作したもので、実際に起こった横領事件をもとにした、歌舞伎でも上演される人気作で、「新口村の段」は遊女梅川を身請けするため金を横領した忠兵衛が、実父・孫右衛門の住む新口村へと逃げていく場面から始まります。梅川の孫右衛門を思いやる気持ち、目隠しで対面を果たす父と子など、涙なしには見られない場面、そして、降りしきる雪の中を追っ手から逃れようとする忠兵衛と梅川。美しくも悲しいふたりの姿、雪が降る幻想的な舞台は必見です。

出演は、昨年7月に、重要無形文化財・義太夫節の保持者として総合認定を受けた竹本友代太夫の語り、人形は優美な表現を得意とする城北座、また、青年座とポラリス座による「寿三人三番叟」と併せてお楽しみください。

 

阿波十郎兵衛屋敷特別公演

日 時  平成31324日(日)1445開演

入場料  一般410円、高・大300円、小・中200

内 容  「傾城恋飛脚 新口村の段」
       太夫/竹本友代、三味線/鶴澤友輔、人形/城北座 

     「寿三人三番叟」
      太夫/竹内雅代、三味線/鶴澤友輔、人形/青年座、ポラリス座


2019年3月10日日曜日

4月~10月就航!クルーズ船で人形浄瑠璃と藍染を巡る旅 【徳島じょうるりクルーズ】


~クルーズ船で人形浄瑠璃と藍染を巡る旅~
徳島じょうるりクルーズ

 

徳島の豊かさを味わう旅。

吉野川を舟で渡り、阿波十郎兵衛屋敷へ。

阿波人形浄瑠璃を見た後は、徳島の食材を使ったお弁当。

のどかな景色の中を路線バスで移動し、

貴重な天然染料による藍染め(ハンカチ)もお楽しみください。


 
実施日/
 4月14日(日)

 5月12日(日)、26日(日)

 6月 9日(日)、23日(日)
 
 7月 7日(日)、21日(日)
 
 8月 4日(日)、18日(日)、25日(日)

 9月 1日(日)、16日(月祝)

 10月6日(日)、20日(日)

 
参加費/
 一般4,000円、小学生以下3,200
 ※乗船料、阿波十郎兵衛屋敷入場料、昼食、藍染め体験料、
   バス代(屋敷→藍染め会場)、保険料を含む。

 
●集合場所/
 徳島市新町川水際公園・新町川を守る会ひょうたん島クルーズ乗り場
 (徳島市南内町・北詰)

●解散場所/
 藍染工房ルアフ(徳島市吉野本町6丁目)
 ※徳島駅へは路線バスをご利用ください。
 
●食事条件/
 昼食1回。阿波十郎兵衛屋敷で、徳島の食材をふんだんに使ったお弁当をお楽しみいただきます。

●お支払い方法/
 当日阿波十郎兵衛屋敷受付でお支払いください。
 
●雨天、荒天時/
 天候等により吉野川クルーズを中止にする場合は、当日朝9時までに代表者に連絡いたします。
 徳島駅の徳島市営バス⑦番乗り場10:10発の徳島市営バス「川内循環バス」で、阿波十郎兵衛屋敷へお越しください。
 この場合、参加費を500円(こども300円)減額しますので、路線バス運賃は、ご負担ください。

●定員/1艘13名(最大4艘)

●最小催行人員/1名

●添乗員/同行しません。(スタッフがお世話します。)

●お申込み/
運航日の4日前までに阿波十郎兵衛屋敷へご予約ください。


【お申込み・お問い合わせ先】
徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
TEL.088-665-2202
FAX.088-665-3683



2019年2月14日木曜日

4/6(土)~4/7(日)「第14回徳島浄瑠璃の会全国競演大会」






太棹三味線の伴奏と、太夫の語り音楽「浄瑠璃」。

徳島、兵庫、大阪と各地で活躍する太夫と三味線奏者が集まり、

多彩な外題をじっくりとお聴きいただける2日間です。


<<プログラム>>


日時/平成31年4月6日(土)9:40~17:00
             7日(日)9:15~17:00

場所/徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

入場料/一般410円、高・大学生300円、小・中学生200円

主催/徳島浄瑠璃の会
共催/徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
後援/(公財)徳島県文化振興財団、(公財)阿波人形浄瑠璃振興会

主催/徳島浄瑠璃の会



2019年1月14日月曜日

和の空間でいけばな(3/23)※3/17講座分は3/23に変更となりました。

 
 
十郎兵衛屋敷文化講座-人形浄瑠璃とともに楽しむ日本の伝統
 「和の空間でいけばな」
 
 
繊細で丁寧、簡素な表現は日本人が伝統的に親しんできた美しさの基本です。

阿波十郎兵衛屋敷では、人形浄瑠璃やいけばなに共通する日本人の感性に触れる機会を設けていきたいと考えています。草月流 新田陛嘉(にったのりか)先生の指導のもと、時季にあったいけばなをお庭を眺めながらいけてみませんか。


12月の講座ではクリスマスやお正月用のいけばなをお楽しみいただけます。

1日だけの参加も可能です。

 

 

■日  時 
平成31年 3月17日(日)13:00~16:00
       →3月23日(土)13:00~16:00に変更となりました。

 ■料金/1,000円(入館料を含む)
 
 ■材料費(お花代)/1,200円
             
 
 ■お申込み/前日までに阿波十郎兵衛屋敷まで。
       ※1日だけの参加です。花器やハサミ等は準備しております。
 
【会場・お申込み】
 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
 徳島市川内町宮島本浦184
 TEL088-665-2202
 FAX088-665-3683
 awajurobeyashiki@mf.pikara.ne.jp

2018年4月1日日曜日

電動アシスト付きレンタサイクルはじめました



電動アシスト付自転車のレンタサイクルを始めました。
阿波十郎兵衛屋敷の周辺には、吉野川やれんこん畑、さつまいも畑といった豊かな自然景色をお楽しみいただける地域です。
是非、自転車に乗って散策してみませんか?
 
●利用料金
3時間/500円
 1 日/1,000円
 
●貸出時間
9:30~17:00(最終受付16:00まで)
 
●台数
2台
 
●前払い制です。
 
 
※電動アシスト付き自転車のレンタル申込については、ご本人の確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、学生証等)が必要となります。
※未成年の方のご利用は、受付の際に保護者様のご同伴が必要となります。保護者様もご本人の確認ができるものをご提示お願いしております。

2018年3月6日火曜日

阿波農村舞台の会HPリニューアル


阿波農村舞台の会HPリニューアルしました。
徳島県内の農村舞台や公演情報など掲載しています。

http://www.nousonbutai.com/
 

TOP