2020年1月22日水曜日

2/25(火)~2/27(木)臨時休館のお知らせ



施設内改修工事のため、下記の期間臨時休館いたします。
ご了承くださいますようお願いいたします。

<期間>
令和2年2月25日(火)~27日(木)

2020年1月4日土曜日

和の空間でいけばな(12/28,1/19,2/8,3/14)

 



十郎兵衛屋敷文化講座-人形浄瑠璃とともに楽しむ日本の伝統

和の空間でいけばな(12月~3月)

 
 

阿波十郎兵衛屋敷を「和の空間」として、人形浄瑠璃とともに日本の伝統文化に触れる機会を設けていきたいと考えています。

「いけばな」にも「人形浄瑠璃」にも通じる日本人ならではの繊細で丁寧な感性や、細部にまで気を配る緻密な技法、簡素だけれど力強い表現など、日本の伝統文化の美しさがあります。

草月流 新田陛嘉(にったのりか)先生の指導のもと、時季にあったお花をいける講座とともに、阿波人形浄瑠璃の定期公演も併せてご鑑賞いただけますので、この機会にぜひご参加ください。1日だけの参加も可能です。

 
■日  時     
12月28日(土)
 1月19日(日)
 2月 8日(土)
  3月14日(土)
               
  各日とも13001600 
          

■料金(入館料含む) 一般1,000

■材料費(お花代) 1,200円※12/28開催分は2,500円程度
 

■お申込み/前日までに阿波十郎兵衛屋敷まで。

※1日だけの参加です。花器やハサミ等は準備しております。
 
【会場・お申込み】
 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
 徳島市川内町宮島本浦184
 TEL088-665-2202
 FAX088-665-3683
 awajurobeyashiki@mf.pikara.ne.jp

2019年12月9日月曜日

(終了)2020年1/13(月祝)阿波十郎兵衛屋敷えびす祭り


阿波十郎兵衛屋敷

えびす祭り

 




新しい年を祝うとともに、みなさまの福を願い「阿波十郎兵衛屋敷えびす祭り」を開催します。
本公演では、吉野川市森藤地区を拠点とする森藤獅子舞保存会が、古くから伝わる勇壮な獅子舞、そして、子ども達が華やかな衣装に身を包み、軽快な太鼓のリズムにあわせて和傘を持って踊る
雨乞いの踊り「傘踊り」を披露します。

また、五穀豊穣・商売繁盛・家内安全など、人々の生活にご利益をもたらす福の神えびす様が、海に渡り大きな鯛を釣り上げる「えびす舞」を勝浦座が上演します。

勝浦座は、70年以上にわたり、毎年4月の第1大安の日に小松島市和田島漁協に大漁祈願の「えびす舞」を行っているほか、お彼岸には農業の神様に「式三番叟」を奉納するなど地域の信仰を支える役割を担っています。今回、初公開となる映像「地域の信仰を支える人形」は、公演だけではお伝えすることが出来ない、徳島ならではの人形の魅力を今年度撮影し、編集したものです。公演とあわせて、お楽しみください。

 






 




日時/ 
2020年1月13日(月祝)10:00~15:00

入場料/
一般410円、高・大学生310円、小・中学生200円
 
 
 
 
プログラム/
 
■午前の部■
10:00-10:15

三人遣いの人形体験(当日申込み12名まで)

 

10:15-10:30

初公開 映像「地域の信仰を支える人形」
 映像制作/徳島県立阿波十郎衛屋敷
 撮影・編集/川口映像事務所

10:30-10:50
えびす舞
 出演/勝浦座

11:00-11:30
定期公演「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 出演/喜笑会・勝浦座

11:40-12:00
傘踊り+獅子舞
 出演/森藤獅子舞保存会

→公演後、鯛のお札と福餅を配布します(先着100名)!

~12:00-13:00 昼休み~
もちつき体験、和田島漁協の天日干ちりめん販売

■午後の部■
13:00-13:15

三人遣いの人形体験(当日申込み12名まで)

 

13:15-13:30

初公開 映像「地域の信仰を支える人形」
 映像制作/徳島県立阿波十郎衛屋敷
 撮影・編集/川口映像事務所

13:30-13:50
えびす舞
 出演/勝浦座

14:00-14:30
定期公演「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 出演/喜笑会・勝浦座

14:40-15:00
傘踊り+獅子舞
 出演/森藤獅子舞保存会

→公演後、鯛のお札と福餅を配布します(先着100名)!

2019年11月28日木曜日

(終了)12/14(土)~15日(日)阿波人形浄瑠璃フェスティバル「受け継がれる伝統芸能」


21回徳島県民文化祭分野別フェスティバル

【 阿波人形浄瑠璃フェスティバル 受け継がれる伝統芸能 】

 


 徳島は全国で最も多くの人形浄瑠璃の団体が活躍しており、大人の団体だけでなく、小学校から大学まで、人形浄瑠璃部や民芸部と呼ばれるクラブ活動が盛んに行われています。

 本公演では、阿波人形浄瑠璃の将来を担う後継者団体(5団体及び個人)が出演し、日頃の成果を披露します。

徳島の定番「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」(豊川花菜さん、平成座ジュニアクラブ、川内北小学校人形浄瑠璃クラブ)のほか、鼓にあわせておめでたい人形が20体以上登場する徳島ならではの一人遣いの人形芝居「阿波木偶三番叟まわし」(箱まわしジュニアチーム)、わらべ歌を交えながら、子どもの人形達が微笑ましく遊ぶオリジナルの演目「太郎と花子のわらべうた遊び」(石井小学校学童保育人形じょうるりくらぶ)、五穀豊穣・天下泰平を祈願し2人の三番叟がダイナミックに舞い踊る「寿二人三番叟」(徳島文理大学人形浄瑠璃部)など個性豊かな演目の数々を上演します。

また、15日(日)の定期公演に出演する澤田芽衣さんは、太夫部屋“友和嘉会”に所属する最年少の9歳の太夫。今年8月には、淡路島で開催された淡路素義審査会で準優勝を受賞した大人顔向けの語りと、大人の人形座とともに三業一体となった阿波人形浄瑠璃の公演をお楽しみいただけます。

 

・日 時     20191214日(土)・15()

        両日とも10001440

・入館料    一般410円、高・大310円、小・中200

・主 催      公益財団法人阿波人形浄瑠璃振興会、徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

・共 催    徳島県民文化祭開催委員会

●プログラム
【12月14日(土)】
①10:00-10:10
 「寿式三番叟(素浄瑠璃)」
 太  夫/平成座ジュニアクラブ、
        川内北小学校人形浄瑠璃クラブ
        竹本友幸
 三味線/鶴澤友春

.
②10:15-10:40
 「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 太  夫/豊川花菜、竹本友幸
 三味線/鶴澤友春
 人  形/平成座ジュニアクラブ
        川内北小学校人形浄瑠璃クラブ
.
③11:00-11:40
(定期公演)「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 太 夫/南 公雄(喜笑会)
 三味線/豊澤町若(喜笑会)
 人 形/鳴門座
.
~休憩~
④13:30-13:50
「阿波木偶三番叟まわし、えびすまわし、大黒まわし、福まわし」
 人 形/箱まわしジュニアチーム
.
⑤14:00-14:00
(定期公演)「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 太 夫/中内鶴昇(喜笑会)
 三味線/豊澤町若(喜笑会)
 人 形/鳴門座
.


.
【12月15日(日)】
①10:00-10:20
 「太郎と花子のわらべうた遊び」
 語 り/笹木美芳
 人 形/石井小学校学童保育人形じょるりくらぶ
.
②10:30-10:45
 「寿二人三番叟」
 太夫・三味線/CD
 人 形/徳島文理大学人形浄瑠璃部
.

③11:00-11:40
(定期公演)「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 太 夫/澤田芽衣(友和嘉会)
 三味線/竹本友和嘉(友和嘉会)
 人 形/ふれあい座
.
~休憩~


.
④13:30-13:45
 「寿二人三番叟」
 太夫・三味線/CD
 人 形/徳島文理大学人形浄瑠璃部
.
 
⑤14:00-11:40
(定期公演)「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」
 太 夫/澤田芽衣(友和嘉会)
 三味線/竹本友和嘉(友和嘉会)
 人 形/ふれあい座

.


2019年11月5日火曜日

(終了)12/1(日)15:30 竹本友幸拝命十周年記念公演「恋女房染分手綱 重の井子別れの段」


日本ユネスコ協会連盟 首里城復興支援チャリティーリサイタル

竹本友幸 拝命十周年記念公演

 

 徳島市川内町を拠点に、大夫・三味線・人形の三業が揃った座として平成元年に結成された「平成座」。藤本宗子氏は、平成6年に太夫として入座し25年。この間、義太夫三味線の人間国宝であった故・鶴澤友路師に師事し、平成21年には竹本友幸(たけもとともゆき)を拝命。
平成13年より座長として平成座を率い、北海道倶知安町や遠くブラジルなど国内外で精力的に公演活動を行うとともに、川内・藍住子ども人形浄瑠璃クラブ、川内北小学校人形浄瑠璃クラブ、平成座ジュニアクラブの結成、小中学校への出前授業など後継者育成にも熱心に取り組んできました。
元号も令和に改まり、還暦を迎えられた竹本友幸氏にとって、まさに大きな節目となる年、ますますのご活躍を祈念し拝命10周年記念公演を開催いたします。
母子の情愛が描かれた「恋女房染分手綱 重の井子別れの段」を太夫/竹本友幸、三味線/鶴澤友吉で披露するほか、竹本友廣氏による解説トーク「浄瑠璃の魅力」も行います。
 
 
■日 時    2019121日(日)15301640
■会 場    徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
■入場料    一般410円、高・大学生310円、小・中学生200
■内 容    ・「浄瑠璃の魅力」
(出 演)         竹本友廣(吉田一紀)氏
        ・素浄瑠璃「恋女房染分手綱 重の井子別れの段」
         太夫/竹本友幸、三味線/鶴澤友吉

2019年10月31日木曜日

(終了)10月~11月全6公演!秋の特別公演「傾城阿波の鳴門 順礼歌~十郎兵衛内の段」


阿波十郎兵衛屋敷 秋の特別公演

「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段~十郎兵衛内の段」

 

 阿波人形浄瑠璃の定番「傾城阿波の鳴門」。
阿波十郎兵衛屋敷では前半の「順礼歌の段」を毎日上演していますが、「続きの話が見てみたい!」と来館者のみなさまからたくさんのお声をいただいておりました。
この度、みなさまのご要望にお応えし、続きの「十郎兵衛内の段」を秋の特別公演として開催します。
秋の行楽シーズンを迎え、より多くの方にご覧いただけるよう、計6日の開催日を設けました。
「順礼歌の段」は、両親に会いたさゆえ、順礼旅をする娘おつると母お弓の2人の出会いと別れ、そして後半の「十郎兵衛内の段」では、父親の十郎兵衛が登場し、コミカルな要素も含んだチャンバラシーン、涙をさそう親と子の悲しい別れといった見所・聴き所が満載の1時間。
普段なかなかご覧いただけない前半と後半を続けての上演となります。
この機会にぜひともご来館ください。
 
【秋の特別公演】
 
 実施日/
 
  2019年
 ①10月 6日(日)14:00~15:00 
  出演:友成会、平成座
 
 ②10月22日(火・祝)14:00~15:00
  出演:城北会、寄井座
 
 ③10月27日(日)14:00~15:00
  出演:友和嘉会、勝浦座
 
 ④11月 2日(土)14:00~15:00
  出演:友和嘉会、鳴門座
 
 ⑤11月 3日(日)14:00~15:00
  出演:友輔会、青年座
 
 ⑥11月30日(土)14:00~15:00
  出演:喜笑会、ふれあい座  
 
 会場/
  徳島県立阿波十郎兵衛屋敷 
入場料
 一般410円、高・大学生310円、小・中学生200円
    

2019年10月29日火曜日

(終了)11/15(金)~11/24(日)特別展「人形芝居の道具・大谷座」(阿波人形浄瑠璃の世界 連動企画)

徳島は日本で最も多くの人形座が活躍する人形浄瑠璃の国。

各座の特色ある活動を紹介し、阿波人形浄瑠璃の魅力を広めることを目的に「阿波人形浄瑠璃の世界」を開催します。


 第4弾となる本公演では、徳島市大谷町を拠点に天保年間に発足したといわれる「大谷旭源之丞座」が出演します。180年程の歴史を持ち、昔から伝わる「阿波の手」といわれる大きな動きを特徴とした遣い方を伝承しており、徳島の名人といわれた人形師天狗久の頭(かしら)をはじめとする貴重な人形や道具も多数所有しています。


特別展「人形芝居の道具・大谷座」(11/15~11/24)では、
人形はもちろん衣装や様々な小道具、舞台下駄、背景に使う大きな幕や襖衛もございますので、大谷座の宝とも呼べる歴史ある人形や道具など、普段ご覧いただけない資料数々を併せてご覧ください。



また伝統ある大谷座は、国内外でオペラや演劇、人形劇を学んだ田所俊一氏と出会い、ミュージカルに出演するなど、果敢に新たな取り組みにも力を入れており、今回は、昔ながらの阿波人形浄瑠璃の公演と、ユネスコ無形文化遺産にも登録されているイタリアのシチリア人形劇との共演をみなさまにお楽しみいただきます。


■特別展■
「人形芝居の道具・大谷座」
期間/2019年11月15日(金)~11月24日(日)


■公演■

日時/
 2019年11月17日(日)15:30~17:00

プログラム/
●阿波人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段」
 太夫:藤原若水、
 三味線:竹本友和嘉
 人形:大谷旭源之丞座

●シチリア人形劇「狂えるオルランド」
 人形操演:ルカ・ローマ、田所俊一、大谷旭源之丞座
 

TOP